アイアイベースボールクラブ

ゼネラルマネージャーとしての取り組み

野球部GM 平山 智康

私どもは今期より国内事業、海外事業に加えて外食事業をスタートさせます。
外食事業は本業のビジネス以上にグローバル展開を計画しており現在のところ100店舗の出店を計画しております。
それを踏まえ、現行の採用枠である元プロ野球選手枠、中途採用枠、大学新卒枠に加えて"高校新卒枠"を加え人材の多様化を図ります。飲食事業を通じて自己を成長させたい、将来独立してオーナーとして店舗経営をしたい、海外に雄飛したいという人材を中心に募集致します。

仕事と野球を両立させながらともに夢を実現していきましょう。


野球部の目標

野球部 監督 杉本 祐樹

『やるからには何でも日本一』をスローガンに、私たちアイアイベースボールクラブは、日々「仕事と野球」に精魂込めて取り組む、活気溢れるチームです。
次に掲げる3つの目標は、私たちの最重点目標です。

まず一つ目は、野球の日本一(「国体」、「天皇賜杯」の制覇)
京都を発祥の地とする軟式野球は、綿密さと強い精神力が求められています。私たちは、常に強い意志を持ち続け、最高のチームワークを構築し「日本一」になるべく日々精進していきます。

二つ目は、マナーの日本一
創部以来掲げていますが、さらなるマナーの向上を目指します。全ての人々に対して「ありがとうございます」の感謝の気持ちを持ち続けて行動する。また、会社及び自社グラウンドは当然のことながら、試合会場においてもゴミを探してでも拾い、使う前よりもきれいにして帰ると言う行動の実践を行います。

三つ目は人としての心の日本一(ホスピタリティの実践)
殺伐とした社会の中で、人と人との繋がりが疎遠になりつつありますが、私たちは一人の人間としてのホスピタリティ、つまり思いやり・心遣いを常に念頭に置き全ての人に対して、心で接して日々行動をしていきます。

以上、上記3項目に限らず、あらゆる事象に対して、スローガンである『やるからには何でも日本一』を目指し、常勝アイアイベースボールクラブを構築します。


野球部の日頃の活動

アイアイベースボールクラブの練習内容は、週2回ほどの全体練習と終業後の個人練習になります。
自社グラウンドをはじめ、社内トレーニングマシンやバッティングゲージなど環境に恵まれているとはいえ、選手の仕事は皆、営業職であり、練習時間の確保が一番の課題です。選手には、自分を律する厳しさと自主性(主体性)を要求しています。
なぜなら大学時代とは異なり、全体で練習する時間は取り難く、例えば出張先でのトレーニングなど、個人で練習する機会が増えるからです。一人一人が自主的に練習に取り組む、陰の努力の積み重ねが日本一という形で結実することを願っております。


仕事との両立について

また、私たちはよくお客様から「仕事と野球を一緒に頑張るなんて大変ですねぇ」と言われることがあります。これは個人的な感想ですが、確かに大変です。しかし大変な反面、逆にメリットもあります。
それは限られた時間の中で仕事、野球の両方にハイレベルなアウトプットが要求されるため効率的な仕事の仕方、練習の仕方が自然と身についたということです。


まとめ

"プロ野球選手になりたい"という夢がもう現実のものでなくなった今、好きな野球を続けられる環境に感謝しております。
今後も軟式野球というスポーツを通じ、目標を達成する為に部員一同頑張っていきたいと思います。


野球部沿革

1998年 野球部創設
2000年 両翼100m・センター122m 専用グラウンド完成
第22回西日本軟式野球大会2部
【参加 6,414チーム】 優勝
高松宮杯第44回全日本軟式野球大会2部
【参加 12,827チーム】 準優勝
2001年 第23回西日本軟式野球大会1部
【参加 4,490チーム】 優勝
2002年 第57回国民体育大会軟式野球一般Bに近畿代表として出場
2004年 天皇賜杯第59回全日本軟式野球大会に京都代表として出場
アイアイグラウンドにナイター設備完成
2007年 第56回京都市社会人総合体育大会 優勝
2009年 アイアイグラウンドを芝生化
2012年 第61回京都市社会人総合体育大会 準優勝
2013年 第10回都市間交流スポーツ京都大会(京都・大阪・名古屋・横浜・神戸代表チーム)
【参加 961チーム】 優勝
アイアイグラウンドにバックスクリーン設備完成
2013年 第62回京都市社会人総合体育大会 準優勝
2014年 第56回全京都軟式野球選手権(A級)大会 優勝
2015年 西日本A級選手権大会 京都予選 準優勝
第64回京都市社会人総合体育大会 優勝
2016年 第71回新春A級軟式野球大会(京都府) 優勝
【決勝戦にて村上豪投手が完全試合を達成】
第13回都市間交流スポーツ横浜大会 優勝
【村上豪投手が最優秀選手賞(MVP)受賞】

戦績

創部以来の通算成績 473勝 227敗 41分
2017年通算成績 28勝 8敗 2分

2017年11月6日 現在


トレーニング環境

トレーニングマシン(本社ビル・6F)

バッティングゲージ(本社ビル・屋上)


アイアイグラウンド

センター122m/両翼100m、ナイター設備有の天然芝グラウンドです。

グラウンド・昼

グラウンド・夜

アイアイグラウンドは、「施設案内」ページでも紹介しております。


AiAi Baseball Car も活躍しています


マイクロバスのご紹介

試合や遠征等の移動に活躍するマイクロバス(29人乗り)を配備しています。



背番号で選ぶ

1 5 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 20 24 28 29 30

ポジションで選ぶ

監督コーチマネージャー主将 投手 捕手 内野手 外野手 トレーナー

監 督

30 杉本 祐樹 Yuki Sugimoto

昭和52年生
神港学園高校-龍谷大学
  • 第67回選抜高校野球大会ベスト8エース
  • 関西六大学春季リーグ3年連続優勝
  • 第46回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第47回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第48回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第57回国民体育大会軟式野球一般B出場
  • 第59回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場

京都代表になる為には、個々の自主練よる体力作り、チーム力の底上げ、今年一年はこの二つを強化して代表を取ります。

コーチ

29 佐々 祐輔 Yusuke Sasa

昭和51年生
大谷高校―大谷大学(主将)
  • 第76回高校野球京都府大会準優勝
  • 第57回国民体育大会軟式野球一般B出場
  • 第59回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場

昨年は全京都軟式野球選手権大会で優勝はしましたが、主要大会で無冠に終わりました。
今は京都には目標とするチームが複数いますが、アイアイが目標とされるチームになれるよう主要大会で優勝し強化チームに戻りたいと思います。

マネージャー

  佐々 祐子 Yuko Sasa

 
京都成章高校-佛教大学
  • 京都成章高校野球部マネージャー
  • 佛教大学硬式野球部マネージャー
  • 元甲子園球場アナウンサー

高校、大学での野球部のマネージャーの経験、そして看護師の資格を活かし、選手の体調管理やメンタル面をサポートしていきます。

主 将

10 杉 拓磨 Takuma Sugi (捕手)

平成4年生
北嵯峨高校-神戸学院大学
  • 関西六大学野球秋季リーグ優勝

チームの要であるキャッチャーらしく周りをよく見てチームを引っ張っていけるように頑張ります!目標は日本一!どんな事にも挑戦する気持ちを忘れずがんばって行きたいです!

11 村上 豪 Tsuyoshi Murakami (投手)

昭和57年生
京都成章高校-京都産業大学
  • 第80回全国高校野球選手権大会出場
  • 高校野球春季京都府大会優勝エース
  • 関西六大学野球秋季リーグ優勝

今年投げる試合は全てチームの勝利に貢献できるよう勝てる投手を目指します。
そしてこのチームで今年こそは全国にいきます。

新入部員

13 金井 大海 Hiromi Kanai (投手)

平成6年生
石見智翠館高校-大阪学院大学
  • 第93回全国高等学校野球選手権島根大会 準優勝
  • 島根県春季高校野球 ノーヒットノーラン(1回戦)

今年は、新人らしくフレッシュに元気に野球をやります。そして、必ず戦力になり全国大会出場、日本一になる原動力になると約束します。

14 髙須 将裕 Masahiro Takasu (投手)

平成6年生
松山聖陵高校-美作大学(主将)
  • 第19回西日本大学軟式野球選手権大会出場
  • 第1回全日本大学軟式野球国際親善大会日本代表
  • 中国地区大学軟式野球連盟2013年秋季リーグ出場・本塁打王/盗塁王
  • 中国地区大学軟式野球連盟2014年秋季リーグ優勝・MVP/打点王

「全力」と「感謝」をモットーに何事も取り組みたいと思っています。
フレッシュでアグレッシブなプレーをして、日本一への目標に突き進みます。

15 加藤 透 Toru Kato (投手)

平成元年生
平安高校-東京農業大学-軟式社会人チーム
  • 第69回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場
  • 第69回国民体育大会出場

日本一を目指し、チームの為に全力でプレーします。
仕事と野球ができる恵まれた環境に感謝しながら元気良くプレーします。

1 森 桂一 Keiichi Mori (捕手)

昭和54年生
東山高校-奈良産業大学
  • 第79回高校野球京都府大会準優勝
  • 第48回全日本大学野球選手権大会出場(ベスト8)
  • 第50回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第57回国民体育大会軟式野球一般B出場
  • 第59回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場

私事ですが・・・。 森桂一入社以来16年目のシーズンを迎えます。
第一線で野球が出来る環境を頂き感謝です。
まだまだベテランと言わせません!今年は原点に戻りこの感謝を形で表します。
言葉だけではなく行動で。 言葉だけではなく結果で。

8 中井 啓次 Kiyoji Nakai (内野手)

昭和62年生
江の川高校-奈良産業大学(主将)
  • 第87回全国高校野球選手権大会出場
  • 第56回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第57回全日本大学野球選手権大会出場

仕事と野球が出来る事に感謝をし、日々継続は力なりの精神で努力していきます。
今年は国体、西日本、天皇杯で必ず1番になります。

新入部員

9 辻本 篤希 Atsuki Tsujimoto (内野手)

平成6年生
帝京大学可児高校-四日市大学
  • 東海地区大学野球連盟 三重学生リーグ優勝ベストナイン2度受賞
  • 東海選抜選出

結果にこだわってチームを日本一に導く為に頑張ります。
野球と仕事が出来る環境に感謝し、毎日の努力を欠かさず、何事にも全力で取り組んでいきます!

16 黒川 正喜 Masaki Kurokawa (内野手)

昭和60年生
平安高校-花園大学
  • 第83回全国高校野球選手権大会(ベスト8)
  • 第74回選抜高校野球大会
  • 京滋大学リーグ2006年春季 打率十傑7位

最高の環境で野球が出来る事を当たり前と思わず、自分に厳しく身体と心を鍛え一瞬一瞬を大切にプレーしていきます。
そして今年こそ日本一を獲り、胴上げしたいと思います。

17 木村 武志 Takeshi Kimura (内野手)

昭和51年生
大谷高校-大谷大学
  • 第76回高校野球京都府大会準優勝
  • 京滋大学リーグ奪三振記録保持(継続中)
  • 第57回国民体育大会軟式野球一般B出場
  • 第59回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場

私は、アイアイベースボールクラブでは古株になりました。
チームの古株の良さと加入する新戦力の良さをうまくミックスして更なる高みを目指して今年は必ず全国への切符を掴みます。

20 西尾 英信 Hidenobu Nishio (内野手)

昭和56年生
創成館高校(主将)-東亜大学
  • 第50回全日本大学野球選手権大会出場(ベスト8)
  • 第51回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第52回全日本大学野球選手権大会出場(ベスト8)
  • 第34回明治神宮野球大会優勝(大学日本一)
  • 中国六大学リーグ選抜メンバー(投手)
  • 第59回天皇賜杯全日本軟式野球大会出場

ベテランらしくココイチでの役割で結果を出してチームの勝ちに貢献出来る様に一球、一瞬の集中力を磨き、いぶしぎんを発揮して日本一を勝ち獲ります。

新入部員

5 甲斐 翔太 Shota Kai (外野手)

平成6年生
神戸国際大学付属高校-関東学院大学
  • 神奈川大学野球連盟2014年新人戦・MVP受賞

1年目なのであまり考えすぎず思い切ったプレーをしていきます。
そしてどんな場面でも必要とされる選手になりチームの勝利に貢献します。

新入部員

7 今井 新水 Shinsui Imai (外野手)

平成4年生
福知山成美高校‐京都産業大学‐硬式社会人チーム
  • 第62回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第45回記念明治神宮野球大会出場
  • 関西六大学野球春季リーグ優勝 ベストナイン受賞
  • 関西六大学野球秋季リーグ2度優勝 ベストナイン2度受賞

野球ができる環境に感謝し、チームの主力となり、チームを日本一に導けるように頑張りたいと思います。

12 岩崎 裕樹 Hiroki Iwasaki (外野手)

平成4年生
関西中央高校-四日市大学
  • 東海選抜選出
  • 秋季東海地区大学野球連盟 三重学生リーグ ベストナイン 1回 外野手
  • 春季東海地区大学野球連盟 三重学生リーグ ベストナイン 1回 外野手
  • 春季東海地区大学野球選手権大会 ベストナイン 1回 外野手
  • 春季東海地区大学野球連盟 三重学生リーグ優勝
  • 秋季東海地区大学野球連盟 三重学生リーグ優勝
  • 三重県大学選抜チーム 外野手

野球ができる事に感謝し全ての面で全力プレーでチームに貢献し、ここ1番で試合を決め優勝へ導ける勝負強い選手になります。
チーム一丸となり京都を制して、そして日本一になる為に日々努力しがんばります。

24 藤本 貴史 Takafumi Fujimoto (外野手)

平成3年生
社高校-日本体育大学
  • 平成21年春季高校野球兵庫県大会優勝
  • 第33回全日本大学軟式野球選手権大会優勝 最優秀選手賞受賞
  • 第34回全日本大学軟式野球選手権大会出場
  • 第35回全日本大学軟式野球選手権大会優勝

昨年は、チームとして良い成績を出す事が出来ませんでした。
今年は打撃においては不動の一番として自らチームを引っ張り、守備においては守備職人として貢献し、必ず全国制覇へと導きます。

28 佐藤 龍司 Ryuji Satoh (外野手)

平成元年生
智辯学園高校(主将)-近畿大学
  • 第89回全国高校野球選手権大会出場
  • 第62回国民体育大会高校野球硬式の部出場
  • 第57回全日本大学野球選手権大会出場
  • 第58回全日本大学野球選手権大会出場

昨年も大きな大会で勝てず悔しい思いをしました。
今年は結果にこだわり、プレー、行動で引っ張っていけるよう精一杯頑張っていきます。

  長嶺 史哉 Fumiya Nagamine (専属トレーナー)

 
金光大阪高校-花園大学-明治東洋医学院専門学校
  • 国家資格:柔道整復師

全国大会出場、全国大会優勝を目標に闘志を持って努力し続けているチームの為に、よりベストな状態でプレーしてもらえるようケアをしていきます。